ニキビ跡消える戦い

幼い頃は肌も綺麗でまさか自分がニキビ跡 消えるかで悩むなんて少しも思っていませんでした。
ただひとつ気になっていたのは父のボコボコした顔でした。
最初は中学生の半ば頃顔に出来物が出始め、まぁ青春時代だし…。なんて気にも止めませんでした。
しかし、それが2つ3つと増えていきました。
そして高校生。

思春期で一番女の子からの目が気になる時です。
その時にはニキビ跡のある自分が当たり前かのようになってしまっていました。
でも当時の私はこんなのは自分では無いと言い聞かせるかのように朝だけだった洗顔が昼にも洗い、夜にも洗い。
挙句の果てにはアルバイトの休憩時間にも!
最終的には1日に6回・7回と洗顔する事に…。

それでも体質や遺伝・思春期には勝てず顔はニキビ跡が何個も出来ていました。
今から思うとそんなに大袈裟に気にするほどでは無かったのかもしれませんが、
当時の私にはニキビ跡消えるかは一番の深刻な悩みでした。

今はニキビ跡消えるのに良い洗顔フォームや薬があるからなのか
『ザ・青春』みたいなニキビ跡顔の人を見る事が本当に無くなりましたね。
皆さん!技術の進歩に感謝しなきゃだめですよ。

もう今たまに出来るモノはニキビ跡とは呼ばず、吹き出物と呼ぶ年齢になりました。
アレも含めて高校時代です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ